笠置峠古墳

しゃもじ型前方後円墳

笠置峠古墳

標高412Mから宇和を見下ろせる。

4世紀初めにつくられた西南四国最古の前方後円墳です。

東西45m、しゃもじのような珍しい形で、側面には葺石(ふきいし)と呼ばれる石が

敷かれ、この地域でよくとれるチャートが使用されています。

宇和盆地、遠くには九州も望むことができます。

ジオポイントDATA

【アクセス】
西予宇和ICから車で約30分