観音瀧(かんのんだき)

巨大なチャートの崖

観音瀧(かんのんだき)

岩木土器という土器も発見された。

宇和盆地の代表的な岩石であるチャートの崖を間近で見ることができ、岩陰には縄文遺跡も存在しています。

この場所は古くから信仰の対象として人々の暮らしとともにあり、中腹には観音堂が建てられています。

付近の水路は三方がチャートの石張りで、民家の石垣はほとんどがチャートを利用しています。

チャートは非常に硬い性質を持っているため、それぞれの石の大きさは大小まちまちですが、それらをうまく組み合わせて見事な石垣が築かれており、当時の石積み技術の高さを目の当たりにすることができます。

ジオポイントDATA

【アクセス】
西予宇和ICから車で約20分