黒瀬城

かつて西園寺氏が居を構えた城跡

黒瀬城

頂上付近からは、宇和のまちを一望することができます。

室町時代から戦国時代まで伊予国の有力な武家であった西園寺氏が、度重なる九州勢の侵攻に対応するためにこの黒瀬城へと居を移しました。

頂上付近の東屋からは、宇和のまちを一望することができます。また、この黒瀬城近くの岡城は土塁がはっきり残っているので、お城が好きな方にはそちらも人気です。

この黒瀬城には、西登り口と北登り口の2か所から登ることができます。

ジオポイントDATA

【アクセス】
西予宇和ICから車で約5分