生産者ストーリー 悠久の時による大自然が
濾過した四国カルスト天然水
株式会社ぞっこん四国



日本では珍しい中硬度の非加熱水

四国カルストの中腹から湧き出る清水。ここは、ぞっこん四国の採水地。かつて龍王神社が所有し、緑生い茂る森からはスピリチュアルなエネルギーさえも感じられる。四国カルストに降り注いだ雨水が、幾多の年月を重ねてつくられた石灰岩を中心の大地に濾過され純度の高い雫となり、雑菌ゼロの天然水となる。

現在、営業部長として県内外を飛び回る山本取締役。父であり、創業者でもある山本良文氏が祖父の病気を直すため、医師の助言で良質な水を探していた時にこの地に辿り着いたという。その水は評判を呼び、良文氏はトラックで水を汲みにきては、知り合いに配った。「より多くの人にもっと水を届けたい」そんな思いから事業化。2007年にぞっこん四国は創業した。

現在、採水地の横にはクリーンルームを完備した工場を併設。全員、現地雇用した従業員が、特殊な紫外線ライトを使用したこだわりの非加熱処理で精製し、美味しさそのままに四国カルストの味を消費者に届けている。

「加熱処理をすれば生産能力が上がるのですが、水の成分が変わる可能性があります。原水の良さをできるだけ味わっていただきたいので、非加熱にこだわっています」

大地で濾過された水は、一年を通じて11.9~12.3度に保たれた弱アルカリ性。軟水が多い日本では珍しく中硬度で、カルシウムやケイ素、サルフェイド、バナジウなど新陳代謝につながるミネラルがバランスよく含まれている。

また、毎週実施している水質検査では一般雑菌や大腸菌などが検出されたことがない。聞くと四国カルストの集落や牧場からの排水とは異なる水源を辿っているという。

リピーターと多彩な業界が証明する、品質の高さ

このように純度の高い天然水は、県内はもちろん、東京・大阪など大都市圏からのお客様からも幅広い支持を得ている。流通の核となるのがインターネットによる販売で、その7~8割がリピーターということからもその品質の高さがうかがえる。SNSによる口コミも大きく、メディアでの露出や大学教授が著書においてぞっこん水を取り上げたこともあり、その良さが消費者の間に浸透。美味しさはもちろんのこと、健康面での反響も多く寄せられているという。

このように多くの消費者に支えられているぞっこん水だが、産業界との連携も始まっている。 「まろやかな味わいの中硬度の水は素材を上手くひきたてます」と山本取締役。
その言葉の通り、ぞっこん水で淹れたコーヒーは豆を感じることができ、白米は米が立つと評判。その効能を活かし、コーヒーメーカーの贈答ギフトや県内の蔵元が製造したリキュールなどでも使用されている。また、近年では県内大学病院をはじめ医療機関に設置もすすんでいる。

「ぞっこん水が全国で有名になることで、四国西予ジオパークの知名度も上がって欲しい」と願う同社は、初めてのお客様には必ず四国西予ジオパークの紹介ツールを同封。採水地では、四国カルストを訪れた方のために原水を流している。 悠久の時を経てできた四国カルストの地層と地形。そこから醸し出された天然水は、その恩返しとばかりに、大自然の魅力を多くの人に伝えている。



この生産者の商品

四国カルスト天然水ぞっこん

四国カルスト天然水
ぞっこん

日本では珍しい中硬水の天然水。四国カルストの中腹から湧き出た原水を非加熱製造で充填し、美味しさそのままにお客様にお届けしています。

生産者データ

株式会社ぞっこん四国

採水地(工場):愛媛県西予市野村町小松2065
本社:愛媛県伊予郡松前町大字北黒田567-1 義農ビル1階
TEL:089-984-3003 FAX:089-984-3004
URL(本社サイト): http://www.zokkon.co.jp/
(オンラインショップ): http://zokkon.shop-pro.jp/