肱川と人々の暮らし

その名の通り、肱のように曲がっているからその名がついたともされる肱川。その川は人々の暮らしと密接に関わる恵みの川でもありました。

全国5位の支流数を誇る曲がりくねった川

大洲市長浜の河口から瀬戸内海に流れ出る肱川の源流は、西予市宇和町久保の鳥坂峠付近(標高460m)にあります。ここから河口までの直線距離はわずか18kmしかありません。ただ、曲がりくねった本流は103kmもあり、愛媛県内では最長。支流は474を数え、全国でも5位の多さです。このようにくねくねした肱川の流れは、付加体と仏像構造線によって山地が形成されたためです。
ちなみに4億年以上前の岩石が日本で初めて本格的に研究された黒瀬川やV字谷を観察できる舟戸川も肱川の支流にあたります。


肱川の流域

宇和盆地の稲作と肱川

宇和盆地を流れる肱川の本流・宇和川。稲作において水の大切さは言うまでもなく、宇和川流域の多くが水田です。こうした水の管理を行うため、江戸時代にはすでに、協力して水の管理を行う水番制が敷かれていたそうです。それでも、水不足に襲われることがありました。そこで、谷から流れでる水を溜めるために、江戸時代に入るとため池が盛んにつくられ、現在、宇和盆地には約130ものため池が存在します。特に1644(寛永21)年につくられた関地池は1962(昭和37)年に拡張され、県内第2位の100万トン貯水量を誇るため池になりました。


関地池

南予一帯の柑橘栽培に貢献する肱川の水

さらに水不足に悩まされていたのが、宇和海沿岸に広がる柑橘畑です。もともと柑橘は乾燥に強い種類が多いですが、それでも急斜面の水はけの良い柑橘畑では干ばつの被害にあうことが少なくありませんでした。そこで、1981(昭和56)年野村ダムを水源に、肱川の水を農業用水や水道用水として供給する南予用水が整備されました。南予用水は西予市はもちろんのこと、南予地方の宇和海沿岸一帯に水を供給、総延長は176kmにも達します。


朝霧による幻想的な光景

肱川上流の野村盆地や宇和盆地では秋から冬にかけての良く晴れた朝に幻想的な朝霧におおわれることがよくあります。寒暖の差が大きい盆地では、夜間に地表付近の空気が冷やされて飽和し、霧が発生します。山に囲まれた盆地は風が弱いため、朝まで霧が残ることが多く、さらに中心部を流れる肱川からも多く水蒸気が供給され、霧の発生を後押しします。